おひとりさまの独り言日記

おひとりさまの独り言日記。人生を冒険と信じ込み、伝説の勇者気取りです。

ベッドの中からこにゃにゃちは☆

今居る環境が居心地悪くなってきている

自分が悪いのか、仕方がない事なのか

理由を知りたくなってしまう

 

自分でも周りと感性が違う事は理解しているが

それを何とか悟られないように生きてるのも

なかなかしんどいものがある

 

私には見えてしまうものがあって

それは特別な力でもなく

あくまでも先の展開をちょっとだけ予測して

動けると言うこと、正解なんて無い訳で

自分が正しいとは思わない

 

しかし余りにも周りが幼稚な集まりに見えてきた

だからこそ居心地が悪く

これをどうやって良い方向にもっていけるのか

とてつもなく難題に思える

そしてそれは私の役目なのかと頭を抱えてしまう

 

一方、自分自身は社会不適合者なんだろうなと

少しは理解している

同調圧力なんか気にしないし、

今の日本は住みにくいなんて訳の分からないこと思って納得させている

 

どうしてゆっくりと私の人生は進めさせてくれないのか

自分の周りがこんなにも敵だらけになるとはびっくりだ

余程前世に悪い事したのかとこれまた理由を求めてしまう

 

のんびりと生きたい

気を使わない人達と出会いたい

お茶しながらおバカな会話して

ゆっくりと生きたい

 

 

縁を引き寄せたい

意識していると

呼び寄せられない

 

自分には縁というのがあるのかと

つまらない思考がグルグル、ループする

 

元々血縁には縁が無いと実感しているし

その事に対してもう今更期待はしていない

 

だからと言って他人にそれを過度に期待しないように

心の中でいつも注意している自分がちょっと辛い

 

もっと自分を幸せにしてあげないとと思っていても

次から次へと何故か問題が送り込まれてくるような

そんな感覚に麻痺している

 

あーこれじゃ、ダメダメ

と、自分を奮い立たせる

 

私の縁はどこまで伸びているのやら

残すところあと

こう書きたいときは泉のように噴出してしまう

まだ1年前はほんの少しだけ元気だったように感じる

そんでもって正確に言うと去年の11月中旬以降から

急激に色んなことが起こり私の心が追い付かないまま

目まぐるしく日々を過ごしてきたように思う

 

 

本当に今はクタクタで毎日が精一杯なのである

 

 

人生のターニングポイントを迎えてるだろうなと少しは感じる

次の展開を予測して今すべきことを熟さないといけない

ことだけは理解しているがしかしだ、

心が追いつかない

体も追いつかない

 

  

こんな暗い文章を綴らないといけないなんてと自己嫌悪すら感じる

たぶん次のステージに行かないといけないのだろう

今ある環境を一新しないといけなくて

一方、心の中で無意識にでも抵抗しているのだろうか

変化を恐れてはいけないけど、今留まっていることが逃げなのか執着なのか

新しい人間関係を構築しないといけないのだろう

今までご縁があった人たちに感謝を持ちつつ

お互い卒業しないといけないのだろうと不思議に強く感じる

  

 

 

何故だろう

いつも私はエネルギーを吸い取られているような感覚に陥るのは

自分でもおかしくなったのかと疑ってしまう

周りの人間が損得ばかりを求めて

私の周りでぐるぐると獲物を捕るかのように

隙あらば攻撃やら利益を貪ろうとしてくるように感じる

  

こちらが意識をしなくても必ず嫉妬やら妬ましい感情を

ぶつけてくる人が気付くと近くにいて心が休まらない

 

 

早く次のステージに行かねば