おひとりさまの独り言日記

おひとりさまの独り言日記。人生を冒険と信じ込み、伝説の勇者気取りです。

過ぎる・・・過ぎる・・繊細

久しぶりの日記。

書き綴りたいことは多々あるが、とにかく吐き出すことを第一に

自分は何故にもこんなに人と感性が違うのかと息が詰まる思い。

 

自分の事を棚に上げて周りを批判するつもりはないが

どう譲っても今目の前にいる人たちと合わない・・合わなさ過ぎる。

 

仕事上なのでそれも仕事の内と自分に納得はさせているが、

それでも、なぜそんなに周りは短絡的なのかと呆れてしまうことに、飽きた。

 

これからもこうやって自分の中で葛藤して日々を過ごすのかと思うと

時間がもったいなく感じる。

 

別に向上心を持って仕事に取り組むつもりはないが

最低限の仕事をして日々トラブルなどもなく終われば100点満点ではないのかと思う。

 

長い時間軸で考えた時に毎日同じことを同じ熱量で継続することが大事であり

その中で突発的な事が発生しても対処できる余力は必要。

 

組織の中に所属している限りは一つの駒であり

自分で評価すること自体がズレの元。

 

私はこれだけ仕事をしたのだから、これはやらなくても良いよねは違う。

あまりにも次元が違い過ぎてどうお話したら良いのか悩ましい。

 

本当の意味で仕事上、信頼関係が築き上げて初めてくだらない冗談は言えるけど

仕事もろくにできずどうでもいい話だけ一生懸命話し

自己アピールだけは人一倍上手な人がこんなにも自分の周りに多いことに

己自身の姿を考えさせられる。

 

 話が大分それてしまったが、自分の感性が周りと違うと気づいた状態で

日々過ごして行くのは至難の業。

しかもだ、それを悟られないようにいかにも同化しなと目立ってしまう。

うーん、それもそろそろ限界に達してきている。

大好きな10月

前回の更新から早2か月が過ぎていました。

お久しぶりです。

季節はすっかり秋ですね。

まだ台風の影響もあり油断できないですが、

みなさんはいかかお過ごしでしょうか?

と、ちょっと無難な出だしのブログ風に書いてみましたが

この場所は日々の思いを自由に綴ると決めて始めたので

いつも通りのんびりと心のままに書かせてもらいます。

 

 

 

前回のライオンズゲートの日以来、目まぐるしく日常が過ぎ

本当に何かが操っているのではないかと思えるくらいいろんな事が起こりました。

 

 

 

まっ、もう過ぎたことなのでいいのですが・・・。

いいのですが、、、やはり心の傷はまだチクチクしており

このちょっと肌寒い季節に追い込まれ、訳もなく涙目になっている時があるのはここだけの秘密にしたいと思います。

 

 

 

はぁー、ほんと年とともに恋愛の仕方を忘れてしまう自分に愕然とします。

あ、いい人だなーと思ってもどう近づいていっていいか全くわかりません。

若い頃はここまで考えていなかったよね?なんて、ポジティブに摩り替えて

今の自分をなんとか褒めている訳なんですが、一先ず最初の一歩を踏み出せないと何も始まらない・・・。

 

 

 

そう、ちょっとした切っ掛けがあって知り合いからお友達へと昇華させるこの

テクニック、いや、違うな!、普通のコミュニケーション!!!

このコミュニケーションが今の自分にはとてつもなくハードルが高い!

超絶に高すぎるぞ!

 

 

 

たぶん、新しい知り合いを作る事が面倒だと思っている自分がいたり

深読みしてしまって身動きできないへなちょこな自分がいたり

もうそれこそ一人で小説何冊書けるのかってくらい妄想が止まらず

to be continuedと何冊も未完の大作を繰り出す謎の作家の有様だ。

 

 

 

こんなことではだめだなぁー。

 

 

「こんにちは。いつもお見受けしますが、一度お話したいと思って声をかけてみました。いつもお仕事帰りにこちらに来られているのですか?」

 

 

 

 

と、なぜ、何故に声を掛けられないのだーーーー。

 

 

 

 

そりゃ、今はアプリとかいろいろ出会い系の切っ掛けはあるみたいだけど

そもそも、出会い系は興味ないし、LINEとかも本当に日常的に使用しないし

・・・・・。

原因は自分でもわかっているんだよ。

 

 

 

おっ、思い切って婚活ぱーちーでも行ってみるか。

・・・・・。

 

 

 

 

 

やっぱりだめ。

無理。

自分に嘘はつけない。

 

ぱーちーとか嫌い。

 

どうする私。

・・・・・to be continued

 

 

そうそう、タイトルの意味。

1年の中で一番好きな月ってこと。

ただそれだけ。